wimax グローバルip

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションって?

読了までの目安時間:約 8分

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のグローバルIPアドレスオプションって?

GMOとくとくBB WiMAX 2+には、グローバルIPアドレスオプションと言うオプションサービスがあります。
ただ、これが一体何なのかよく分からず、気になる方もいるでしょう。

そこで、グローバルIPアドレスオプションとはどんなサービスなのか、詳しくご紹介したいと思います。

グローバルIPアドレスオプション

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

インターネットへアクセスする際、それぞれのネットワーク機器にはIPアドレスが割り振られています
これは、それぞれのネットワーク機器を識別し、通信が重複しないようにする為です。
1~255で構成された数字が4つ並んでいるもの、これがIPアドレスになります。

ただ、単純に255×255×255×255と計算して頂くと分かる通り、この組み合わせは約43億足らずのパターンしかありません
世界中にあるインターネットへアクセス出来る機器1つ1つにIPアドレスを付与していると、いずれIPアドレスが枯渇してしまうのではないか・・・そう言う問題が取り上げられたのが1980年代です。

情報処理

そこで、現在グローバルIPアドレスはIANAが管轄し、各国のNICから認定を受けた企業や団体へグローバルIPアドレスを割り当てると言う形式が取られています。
そして、認定を受けた各企業や団体のネットワーク内の範囲において、自由に使えるアドレスがプライベートIPアドレスとなります。

グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへの変更で影響のある方

以前は、各WiMAX端末にグローバルIPアドレスが付与されていました。
ですが、2015年3月下旬から、各WiMAX端末に付与されるのはプライベートIPアドレスへと変更になりました

グローバルIPアドレスオプションなし

この仕様変更によって、ほとんどの方は何か問題が起きると言う事はありません。
ただ、固定IPアドレスを使用する環境下にある方においては、グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへの仕様変更により、インターネットアクセスが出来なくなる場合があります。

具体例としては、以下のケースが挙げれます。

  • ルータのUPnP対応やポート開放設定が必要とされているオンラインゲーム
  • DynamicDNSを利用したり、IPアドレスを指定してアクセスするタイプのサーバーを利用している場合
  • 会社や学校などと言った、アクセスが制限されたTCP/UDP以外のプロトコルを利用するネットワーク内(VPN)へ外部からアクセスする場合
  • P2Pを使用するファイル交換ソフトなど、プライベートIPアドレスに未対応のアプリケーションを利用する場合
  • 限られたユーザーしか閲覧出来ないようにIP規制が掛けられたサイトへアクセスする場合
  • ネットワークカメラなど、固定のグローバルIPアドレスでしか扱えない仕様となっているネットワーク機器を操作する場合
グローバルIPアドレスオプションとは?

上記ケースに該当する場合、グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへの仕様変更により、インターネット環境へ影響が出てしまいます。
そこで、自身のWiMAX端末に固定のグローバルIPアドレスを必ず占有する事が出来るオプションサービスが用意されています。

それが、グローバルIPアドレスオプションとなります。

グローバルIPアドレスオプションあり

グローバルIPアドレスオプションの利用料は月額96円となります。
事前の申請は不要で、設定を行った月のみ月額料金が発生します。

グローバルIPアドレスオプションの利用料金は、利用した月の翌々月に請求されます。

グローバルIPアドレスオプションの利用方法

グローバルIPアドレスの設定方法

続いて、グローバルIPアドレスオプションの利用方法についてご紹介します。
前述しましたが、グローバルIPアドレスオプションを利用する際には、事前の申請は必要ありません。
WiMAX端末の接続設定(APN)を含むプロファイルを作成する事によって、自動的にグローバルIPアドレスオプションを利用する事が出来るようになります。

手順としては、まず、WiMAX端末の設定ツールにログインする必要があります。
WiMAX端末の設定ツールへは、ブラウザからhttp://192.168.100.1/へアクセスする事でログイン出来ます。

WiMAX端末の設定ツールへログイン

ログイン名パスワードを聞かれますので、以下を入力します。

ログイン名
admin
パスワード
IMEI 末尾5桁

IMEIとは、WiMAX端末の裏側に貼られているバーコード下に羅列されている数字の事です。
その数字の下5桁を入力します。

続いて、以下の手順で設定ツールを操作して下さい。

  1. 設定画面上部にある設定タブをクリック
  2. 画面左側にあるサイドメニューの中のプロファイル設定タブをクリック
  3. 設定画面内の新規ボタンをクリック

そして、表示された画面内に以下を入力します。

グローバルIPアドレスのプロファイル作成画面の設定
設定項目 設定内容
プロファイル名(任意) Global
APN(接続先情報) wx2.uqwimax.jp
ユーザ名 global@wx2.uqwimax.jp
パスワード 0000
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

最後に、保存ボタンをクリックします。
これで、グローバルIPアドレスオプションの設定が完了します。

ちなみに、WiMAX 2+サービスへ新規申し込みを行った方がグローバルIPアドレスオプションを利用する場合、加入日の翌日午後2時以降から接続が可能となります。

グローバルIPアドレスの設定を解除する方法

続いて、グローバルIPアドレスの設定を解除する方法についてご紹介します。
グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスに戻す場合は、わざわざWiMAX端末の設定ツールにログインする必要はありません。
WiMAX端末を操作するだけで大丈夫です。

プライベートIPアドレスへ設定変更を行う手順としては、以下の操作を行います。

  1. WiMAX端末の画面を右方向へスワイプする
  2. 画面の中の設定をタップする
  3. 表示されたメニューの中のプロファイル選択をタップする
  4. Internetのラジオボタンをタップする
  5. 確定ボタンをタップする

これで、グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへの変更手続きが完了します。

ちなみに、グローバルIPアドレスオプションの利用料金は日割り計算されません
ですから、グローバルIPアドレスの設定を解除した日がその月の1日であったとしても、1ヵ月分の利用料金が請求されます。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細情報↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

GMO WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。