speed wi-fi next wx03 クレードル

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットが無料に!

読了までの目安時間:約 12分

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットが発表に!

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、NEC製と言う安心のMADE IN JAPANのWiMAX端末です。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)にはどんな特徴があるのか、詳しくご紹介します。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットを無料で手に入れる方法についてもご紹介します。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の特徴は?

デザイン

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のカラーは、ディープブルーホワイトゴールドの二種類となっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ディープブルー

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ホワイトゴールド

そして、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)からの大きな変更点としては、タッチパネルを採用した点が挙げれます。
モニターを直接タップする事で操作が出来ますので、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の操作性は抜群です。

4×4MIMOとキャリアアグリゲーション

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の機能の中でも、特に特徴的な機能が4×4MIMOキャリアアグリゲーションの融合です。

4×4MIMOとは、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)に内蔵されている4本のアンテナとWiMAXの基地局とで4回線の同時通信を行なう機能の事を指します。

4×4MIMO

その結果、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の通信速度は220Mbpsも出ます。
ちなみに、ノーマルモードを使用した2×2MIMOの場合、通信回線は110Mbpsになります。

キャリアアグリゲーションとは、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の2回線分の通信帯域を束ねる事により、通信速度を2倍にする技術の事を指します。

その結果、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の下り最大通信速度は440Mbpsも出ます。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の通常の上り通信速度は10Mbpsなのですが、キャリアアグリゲーションにより最大30Mbpsに引き上げられます。

ちなみに、上り回線と下り回線の両方の通信にキャリアアグリゲーションを採用しているのは、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が国内初のモバイルルーターとなります。

キャリアアグリゲーションにより上り下りの通信速度が倍に

大容量バッテリー

4×4MIMOやキャリアアグリゲーションは、バッテリー消費が激しい機能となります。
通信速度が2×2倍になる分、その分だけ同時通信数が増える訳です。

その代わりに、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は大容量バッテリーが搭載されています。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)のバッテリー容量は2,500mAhでしたが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のバッテリー容量は2,890mAhとなっています。

省電力モード

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、3種類の省電力モードを使い分ける事が出来ます。

ハイパフォーマンスモード
常に4×4MIMOとキャリアアグリゲーションを使用する通信モードで、下り最大通信速度が440Mbps出る。
エコモード
常に2×2MIMOを使用する通信モードで、下り最大通信速度が110Mbpsに下がる代わりに、バッテリー消費を抑える事が出来る。
ノーマルモード
通常2×2MIMOとキャリアアグリゲーションを使用する通信モードで、バッテリー残量が少なくなった状態で無通信状態が続くと、自動的にキャリアアグリゲーションを停止する通信モード
通常時の下り最大通信速度は220Mbpsで、キャリアアグリゲーションがオフになった時の下り最大通信速度は110Mbps出る。
IEEE802.11ac/5GHz

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、最新Wi-Fi規格であるIEEE802.11ac/5GHz帯に対応しています。
従来の11a規格と比べると、11.5倍近くの通信の速さがあります。

WiMAXサービスの通信速度は?

また、建物の隅々にまで電波が届きやすいと言う特徴もあります。

そんなIEEE802.11ac/5GHzに対応しているWi-Fi通信ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は最大10台までの機器をWi-Fiテザリングで同時通信する事が出来ます。

Wi-Fiで色々なデバイスをテザリング通信

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の連続通信時間(Wi-Fiテザリング時)
省電力モード 連続通信時間
ハイパフォーマンスモード 約440分
バランスモード 約600分
エコモード 約740分
Bluetooth

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、省エネで通信出来るBluetoothテザリングに対応しています。
Bluetoothテザリングは同時接続台数が3台までしかありませんが、その代わりに、通信を行なう際の電力消費を抑える事が出来ます。

Bluetoothテザリング

ですから、その分だけ連続通信時間を延ばす事が出来ます

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の連続通信時間(Bluetoothテザリング時)
省電力モード 連続通信時間
ハイパフォーマンスモード 約580分
バランスモード 約900分
エコモード 約990分
切り忘れタイマー

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)には、切り忘れタイマーが搭載されています。
切り忘れタイマーを設定した場合、約60分間経過すると強制的にSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が休止状態になります。
その結果、バッテリー消費を抑える事が出来ます。

ちなみに、残り30分未満の状態でSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の操作を行った場合、休止までの時間が30分間延長されます。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)をウェイティング状態にしていたり、充電中の場合には休止状態にはなりません。

日次通信量表示

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は日次通信量表示に対応しています。

日次通信量表示にした場合、前日までの3日間の通信量本日までの3日間の通信量を表示する事が出来ます。
ですから、混雑回避のための速度制限に備えて、使用する通信量を控える事が出来ます。

WPS

WPSに対応している端末とSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)とを接続する際に、ワンタッチでWi-Fi設定を行なう事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のPW(パスワード)を入力する際、半角英数字がランダムに混ざっていて非常に入力が面倒臭いです。
特に、スマートフォンだと入力モードをいちいち変更する手間があるので、英語と数字が混ざる度に手間が掛かります

スマートフォンでのPWの入力は大変

ですが、WPSならワンタッチでこの作業を省略する事が出来ますので、非常に楽です。

リモート操作

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、スマートフォンアプリからのリモート操作に対応しています。
ですから、いちいちWiMAX端末を手元に出さなくても、スマートフォンから操作を行なう事が出来ます

WiMAX端末を出さずに、スマートフォンから操作可能

スマートフォンはいつでも電話に出れるように手元にある事が多いですから、非常に理にかなった機能と言えます。

また、スマートフォンアプリをインストールしているスマートフォンには、ポップアップでお知らせを表示する機能も付いて来ます。

クイック起動

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)は、約5秒のクイック起動に対応しています。
ですから、待たされる事なく、素早くインターネットを始める事が出来ます。

WiMAX通信には非対応に

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)は対応していたWiMAX通信ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)では非対応となっています。
と言うのも、2018年にはWiMAX通信は停波の予定となっていますから、それに沿った仕様と言えるでしょう。

どのみち、WiMAX通信は下り最大通信速度が13.3Mbpsしか出ませんので、現段階でも必要性は特にありません

WiMAX通信は特に必要ない?!

また、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)はWiMAX 2+通信が受信出来ない場合に、自動的にWiMAX通信に切り替わる仕様となっていました。
ですが、WiMAX 2+通信の弱電波エリアでの使用の際、通信がWiMAX通信に切り替わったり、またWiMAX 2+通信に戻ったりと不安定になると言う状況にありました。

ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ならWiMAX通信には対応していませんから、そう言った症状も起こりません。

クレードルの機能がよりパワーアップ

従来のWiMAX端末ですと、クレードル独自の機能としては裏側にあるEthernetポートを使った有線通信がありました。

Wi-Fiに非対応のパソコンをLANケーブルで繋ぐ

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルにもEthernetポートはあり、1000BASE-T100BASE-TXの両方の有線通信に対応しています。
ですので、伝送速度としては最大1Gbpsの高速通信に対応しています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルの機能としてはそれだけに留まらず、実は、クレードルの左右にクレードルアンテナが搭載されています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ディープブルーのクレードルセット

ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)をクレードルにセットする事により、3直交偏波アンテナへと変化します。
色んな方向から届く電波を漏れなく受信する事が出来ますので、その分だけ受信感度を上げる事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットを無料で

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を最もお得な条件で手に入れる

ご紹介しているように、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルにはクレードルアンテナが付いています。
ですから、以前にも増して、クレードルへの需要が高まっています

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ですが、通常価格が20,000円します。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットの方は22,750円します。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)ホワイトゴールドのクレードルセット

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む事で、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットを無料で手に入れる事が出来ます。
ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセットを無料で手に入れる事が出来るのは、GMOとくとくBB WiMAX 2+の1社のみです。

ですので、是非ともキャンペーン特典を有効活用したいものです。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイト↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。