speed wi-fi next w03 クレードル

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットが無料に!?

読了までの目安時間:約 10分

 

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットが無料に!?

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の後継機に該当するWiMAX端末です。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)が搭載している機能はそのままに、新機能が新たに追加された形になっています。

HWD33とHWD34

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)にはどんな特徴があるのか、詳しくご紹介します。
また、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットを無料で手に入れる方法についてもご紹介します。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の特徴は?

キャリアアグリゲーション

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の機能の中でも、特に特徴的な機能がキャリアアグリゲーションと呼ばれる機能です。
キャリアアグリゲーションとは、WiMAX 2+の2本の帯域を束ねる事で通信速度を向上させる技術の事を指します。

その結果、ハイスピードモードを使用時の下り最大通信速度は220Mbpsも出ます。

また、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)に新たに搭載された機能として、au 4G LTEの帯域分も束ねた3波キャリアアグリゲーションがあります。

3波キャリアアグリゲーション

3波キャリアアグリゲーションが搭載された事によって、ハイスピードプラスエリアモードを使用時の下り最大通信速度は370Mbpsも出ます。

パフォーマンス設定

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、3種類のパフォーマンス設定を使い分ける事が出来ます。

ハイパフォーマンス
常にキャリアアグリゲーションを使用するパフォーマンス設定で、下り最大通信速度が370Mbps出る。
バッテリーセーブ
キャリアアグリゲーションを使用しないパフォーマンス設定で、下り最大通信速度が110Mbpsに下がる代わりに、電池持ちを重視する事が出来る。
バランスモード
通常キャリアアグリゲーションを使用するパフォーマンス設定で、バッテリー残量が4割を切った状態で通信していない状態が一定時間継続すると、自動的にキャリアアグリゲーションを停止するパフォーマンス設定
バッテリーが大容量に

Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)のバッテリー容量は2,300mAhだったのですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のバッテリー容量は3,000mAhと大容量化されました。
その結果、連続通信時間が大幅に長くなりました。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の連続通信時間(ハイスピードモード時)
パフォーマンス設定 連続通信時間
ハイパフォーマンス 約570分
ノーマル 約610分
バッテリーセーブ 約730分
IEEE802.11ac/5GHz

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、最新Wi-Fi規格であるIEEE802.11ac/5GHz帯に対応しています。
従来の11a規格と比べると、約11.5倍の通信速度があります。

WiMAXサービスの通信速度は?

また、Wi-Fiが届く範囲が広範囲に渡ると言う特徴もあります。

そんなIEEE802.11ac/5GHzに対応しているWi-Fi通信ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は最大10台までの機器をWi-Fiテザリングで同時通信する事が出来ます。

Wi-Fiで色々なデバイスをテザリング通信

au 4G LTE

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、人口カバー率99%と言う広大なエリアで通信出来るau 4G LTEに対応しています。
au 4G LTEは低周波数帯のプラチナバンドを使用していますので、障害物を回り込んだり貫通したりしやすいです。
その結果、奥まった場所にも電波が届きやすいと言う特徴も持っています。

au 4G LTE

ですから、その分だけ色々な場所で繋がりやすいです。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の連続通信時間(ハイスピードプラスエリアモード時)
パフォーマンス設定 連続通信時間
ハイパフォーマンス 約350分
ノーマル 約430分
バッテリーセーブ 約680分

実は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のハイパフォーマンス設定時とノーマル設定時の連続通信時間は、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)よりも短くなっています。
その理由ですが、au 4G LTEもキャリアアグリゲーションに対応するようになったからです。

とは言うものの、その結果au 4G LTEの下り最大通信速度は225Mbpsに向上しました。

キャリアアグリゲーション

バッテリーセーブ設定時はキャリアアグリゲーションを使用しませんので、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)よりもSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の連続通信時間の方が長くなっています。

オフタイマー

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)には、オフタイマーが搭載されています。
オフタイマーを設定した場合、Wi-Fiで1台も端末が接続されていない状態で一定時間が経過すると、電源が自動的に切れます
その結果、バッテリー消費を抑える事が出来ます。

ちなみに、一定時間通信をしない状態が継続した場合に、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の電源を自動的に切るように設定を変更する事も出来ます。
また、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)をクレードルにセットした場合は、電源は切れません。

3日間の通信量カウンター

従来のWiMAX端末は、1ヵ月の通信量カウンターしかありませんでした。
ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は3日間の通信量カウンターにも対応しています。

3日間の通信量カウンターは、前日までの3日間の通信量本日までの3日間の通信量を表示する事が出来ます。
ですから、混雑回避のための速度制限に備えて、使用する通信量を控える事が出来ます。

WPS

WPSに対応している端末とSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とを接続する際に、ワンタッチでWi-Fi設定を行なう事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のPW(パスワード)を入力する際、半角英数字がランダムに混ざっていて非常に入力が面倒臭いです。
特に、スマートフォンだと入力モードをいちいち変更する手間があるので、英語と数字が混ざる度に手間が掛かります

スマートフォンでのPWの入力は大変

ですが、WPSならワンタッチでこの作業を省略する事が出来ますので、非常に楽です。

NFC

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)で新たに搭載された機能に、NFCがあります。

NFCタッチに対応しているAndroid端末で、Huawei HiLink (Mobile WiFi)と言うアプリがインストールされている状態にあれば、かざすだけでWi-Fi接続設定を自動的に行なってくれます

NFCタッチ

リモート操作

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、スマートフォンアプリ「Huawei HiLink (Mobile WiFi)」からのリモート操作に対応しています。
ですから、いちいちWiMAX端末を手元に出さなくても、スマートフォンから操作を行なう事が出来ます

WiMAX端末を出さずに、スマートフォンから操作可能

スマートフォンはいつでも電話に出れるように手元にある事が多いですから、非常に理にかなった機能と言えます。

クイック起動

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、約5秒のクイック起動に対応しています。
ですから、待たされる事なく、素早くインターネットを始める事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットを無料で

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を最もお得な条件で手に入れる

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、通常価格で20,000円します。
クレードルセットともなると、22,750円もしてしまいます。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む事で、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットを無料で手に入れる事が出来るようになります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセット

GMOとくとくBB WiMAX 2+には他にも色々なキャンペーン特典が付いて来ますので、賢く活用しましょう。

↓キャッシュバックキャンペーンの申込先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。