wimax 端末 選び方

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

失敗しない、お勧めWiMAX端末の選び方をご紹介

読了までの目安時間:約 9分

 

失敗しない、お勧めWiMAX端末の選び方をご紹介

ひとえにWiMAX端末と言っても、種類が沢山あります。
ですので、選び方がよく分からないと言う方もいるでしょう。

そこで、失敗しない、お勧めWiMAX端末の選び方をご紹介します。
契約期間中はずっとお世話になるWiMAX端末ですから、ぜひ、参考になさって下さい。

失敗しないWiMAX端末の選び方

Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT W03

まずは、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とを比べてみましょう。

HWD33とHWD34

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)はSpeed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の後継機に該当するWiMAX端末となります。
つまり、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の型落ちとなるモデルになります。

Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の持つ機能は、全てSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)に継承されています。
ですから、そこをあえてSpeed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)で契約する意味はありません。

迷わずSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選択しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W03とURoad-Home2+

続いて、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)URoad-Home2+とを比べてみましょう。

URoad-Home2+とHWD34

URoad-Home2+の特徴としては、Wi-Fiで16台、有線通信で2台の機器を同時通信する事が出来ると言う部分が挙げられます。

URoad-Home2+の同時接続数

一方、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)はWi-Fiで10台、クレードルがあれば有線通信で1台の機器を同時通信する事が出来ます。

Wi-Fiに非対応のパソコンをLANケーブルで繋ぐ

ですから、同時接続台数と言う面で見れば、URoad-Home2+の方が魅力を感じます。

また、URoad-Home2+はノーリミットモードに対応している唯一のWiMAX端末で、速度制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。

ノーリミットモードでたっぷりとインターネット

ただし、URoad-Home2+はバッテリーを内蔵しておらず、ACアダプタが挿し込める場所でしか使用する事は出来ません。
また、下り最大通信速度が110Mbpsしか出ませんので、下り最大通信速度もSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の3分の1以下になります。

速度制限に関しては、ギガ放題プランでWiMAXサービスを申し込む事で、そこまで厳しくなくなります
ですので、ノーリミットモードにこだわる必要はありません。

ギガ放題プランでたっぷりインターネット

つまり、この2択に関しても、迷わずSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選べば良いです。

Speed Wi-Fi NEXT W03とnovas Home+CA

続いて、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)novas Home+CAとを比べてみましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)とnovas Home+CA

novas Home+CAの特徴としては、URoad-Home2+と同様にWi-Fiで16台、有線通信で2台の機器を同時通信する事が出来ると言う部分が挙げられます。

URoad-Home2+の同時接続数

一方、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)はWi-Fiで10台、クレードルがあれば有線通信で1台の機器を同時通信する事が出来ます。

Wi-Fiに非対応のパソコンをLANケーブルで繋ぐ

ですから、同時接続台数と言う面で見れば、novas Home+CAの方が魅力を感じます。

ただし、novas Home+CAはバッテリーを内蔵しておらず、ACアダプタが挿し込める場所でしか使用する事は出来ません。
また、下り最大通信速度が220Mbpsしか出ませんので、下り最大通信速度もSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)には及びません

WiMAXサービスの通信速度は?

また、novas Home+CAは人口カバー率99%のau 4G LTE通信には対応しておらず、そう言う面でも、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の方が魅力的だと言えます。

つまり、この2択に関しても、迷わずSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選べば良いです。

Speed Wi-Fi NEXT W03とSpeed Wi-Fi NEXT WX02

続いて、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)とを比べてみましょう。

NAD32とHWD34

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)の強みとしては、Bluetoothテザリングに対応してバッテリーの持ちが良い点が挙げられます。

一方、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は大容量のバッテリーを搭載していますので、実は、バッテリーの持ちにはほとんど差がありません。

【Wi-Fi】Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
パフォーマンス設定 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンス 約570分 約350分
ノーマル 約610分 約430分
バッテリーセーブ 約730分 約680分
【ハイスピードモード】Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)
省電力モード Wi-Fi Bluetooth
ハイパフォーマンス 約440分 約540分
バランス 約490分 約630分
エコ 約600分 約720分

Bluetoothテザリングを使用時の最大同時接続台数は3台です。
一方、Wi-Fiテザリングを使用時の最大同時接続台数は10台となります。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)はBluetoothテザリングを使用時に、Wi-Fiテザリングを使用したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)と同等の連続通信時間を発揮する訳です。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)よりもSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の方が条件は良いと言えるでしょう。

バッテリーの持続時間が同じでも同時接続数に差がある

結論としては、現行のWiMAX端末のラインナップの中ではSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)が最も高性能なWiMAX端末と言えます。

選んだWiMAX端末が通信環境に直結する

WiMAXサービスの契約期間中は、選択したWiMAX端末を利用しながら過ごします。
つまり、選択したWiMAX端末が、あなたの手に入れるインターネット環境の利便性に直結する訳です。

各WiMAX端末の対応する通信モード
WiMAX端末の機種 ノーリミットモード ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Speed Wi-Fi NEXT WX02 × ×
Speed Wi-Fi NEXT W02 ×
Speed Wi-Fi NEXT W03 ×
URoad-Home2+ ×
novas Home+CA × ×

WiMAX端末とiPad mini

それでいて、どのWiMAX端末を選択しても、支払う月額料金は同じな訳です。
ですから、特にこだわりがないのであればSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選択しましょう。

WiMAX端末の購入先でお勧めは?

既にWiMAXサービスの契約期間中の方

既にWiMAXサービスをどこかと契約している最中の方の場合、WiMAX端末の購入先はAmazonになります。
Amazonの場合は有料にはなりますが、古いWiMAX端末も見付ける事が出来ます。

>>Amazon

まだWiMAXサービスを契約していない方

まだWiMAXサービスを契約していない方の場合、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンを利用する事で無料でWiMAX端末を手に入れる事が出来ます。
しかも、クレードルまで付いて来て無料になります。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットが無料で貰えるのはGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典だけです。
しかも、業界最高額の現金キャッシュバックまで付いて来ますので、言う事なしです。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセット

是非とも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典を利用しましょう。

↓キャッシュバックキャンペーンの申込先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。