gmo wimax 評判

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判ってどう?悪評についても解説

読了までの目安時間:約 13分

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判ってどう?悪評についても解説

GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判や口コミについてご紹介します。
また、悪評についても解説をしていますので、参考になさって下さい。

キャッシュバックに関する評判

キャッシュバック額に対する評判は?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックキャンペーンが有名です。
と言うのも、業界最高額の現金キャッシュバックが貰えるからです。

現金キャッシュバック

実際、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは評判で、他のプロバイダと比べても圧倒的にお得な状態になっています。
ですから、少しでも安くWiMAXサービスを利用したいと思う方のWiMAXサービスの契約先となっています。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは貰えない?

そんなお得なGMOとくとくBB WiMAX 2+ではありますが、口コミサイトの記事を読んでいると、キャッシュバックが貰えなかったユーザーからのクレームや悪評も見付かります。
こう言った口コミだけ読んでいると、まるで、GMOとくとくBB WiMAX 2+が酷い企業にすら思えて来ます。

ガッカリする結果に

ただ、悪評に書かれているように、GMOとくとくBB WiMAX 2+側がキャッシュバックの出し惜しみをしている訳ではありません。
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは現金と言う形で支払われますから、直接住所宛てに郵送は出来ません。
そこで、キャッシュバックを振り込む先となる銀行口座情報の登録が必要となるのです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは銀行振込

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねて、後から色々クレームを書き込んでいる方々の多くが、この手続き上で何かしらのミスをしているのです。
例えば、銀行口座情報の登録をすっかり忘れてしまい、有効期限切れで貰い損ねてしまっただとか、登録した銀行口座情報が誤っていたりだとか。

ただ、その怒りの矛先がないので、口コミサイトに書き込んでいる訳です。
サービスに満足している方の多くはわざわざ口コミサイトに書き込みを行わない為、口コミサイトのGMOとくとくBB WiMAX 2+に対する記述は、悪評ばかりが目立っているのです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きだけが難易度高過ぎる!?

これも口コミサイトでしばしば目にするのですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは難易度が高過ぎると言う書き込み。
貰い損ねてしまった方からすれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+はわざとキャッシュバックの貰い損ねを狙っていると言うのです。

怒る!

彼らの言い分では、キャッシュバックの手続きが契約から11ヵ月後になっているのが貰い忘れをわざと狙っている部分だと言います。
また、キャッシュバックの案内メールが届くメールアドレスはGMO専用の基本メールアドレスになるのですが、そこには広告メールが頻繁に届く為、それも見落としを狙ったトラップの1つだと言います。

まず、キャッシュバックの手続きが契約から11ヵ月後になっている点ですが、これは、キャッシュバックを貰った後にユーザーがそのまま解約手続きを行ってしまう事に対するプロバイダ側の対策です。
出来る限り長くサービスを利用して貰う為に、キャッシュバックの手続きを遅めに設定している訳です。

メールチェックをしっかりと

とは言っても、GMOとくとくBB WiMAX 2+の設定する11ヵ月後と言うのは別に遅い方ではなく、3WiMAXなら14ヵ月後、BIGLOBE WiMAX 2+なら12ヵ月後と、実は、GMOとくとくBB WiMAX 2+よりも手続き開始が遅いプロバイダは数社存在します。
また、DTI WiMAX 2+やPEPABO WiMAX、So-net モバイル WiMAX 2+はGMOとくとくBB WiMAX 2+と同じ11ヵ月後です。

広告メールに関しても、キャッシュバックの貰い忘れを狙ってわざと沢山の広告メールを送り付けている訳ではなく、普通に企業として宣伝をしているだけです。
いずれにせよ、私からすれば、批判出来るような部分を無理やりあら探しして来て、クレームを書き込んでいるようにしか思えません。

クレーム

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+でキャッシュバックを受け取る手順ですが、契約から11ヵ月後、GMOとくとくBBの基本メールアドレス宛てに届く案内メールに従って、銀行口座情報を登録するだけです。
同等の手続き方法を採用しているWiMAXサービスのプロバイダが大半ですから、別にGMOとくとくBB WiMAX 2+だけが難易度高い訳ではありません。

むしろ、FAXや郵送で契約内容を送ったりだとかする光回線の現金キャッシュバックキャンペーンと比べれば、難易度は非常に低い方だと言えます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスに関する評判

GMOとくとくBB WiMAX 2+は電話対応が悪い!?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の口コミサイトの悪評で時々目にするのが、電話がなかなか繋がらないと言う部分です。
他のプロバイダの電話対応時間と比較すれば簡単に分かる事なのですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の電話受付時間の長さは業界で2番目に長いです。
具体的には、年中無休で10時から19時まで対応して貰えます。

電話サポートがしっかりしている

他のプロバイダよりもお問い合わせを行なうユーザーの時間帯が被りにくい環境下でこうなるのであれば、お問い合わせを行なう時間帯に問題があるのではないかと思われます。
私自身はほとんど電話お問い合わせをする機会がないのですが、以前契約していたUQ WiMAXであっても、休日の昼間だとお問い合わせの電話がなかなか繋がりませんでした。

つまり、どこと契約をすると言うより、電話口が混雑しない時間帯を狙ってお問い合わせをすれば、待たされると言うストレスを避ける事は可能かと思います。
また、どうしても待たされるのが嫌なら、メールフォームからお問い合わせを行なうと言うのも1つの方法としてあります。

メールフォームからお問い合わせを行なう

いずれにせよ、GMOとくとくBB WiMAX 2+だけが極端にお問い合わせの対応が悪いと言う事はありませんので、安心してサービスの利用を行って良いです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は書面でしか解約出来ない?

GMOとくとくBB WiMAX 2+に対する口コミの中には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は書面でしか解約手続きが出来ないと書かれているものがありました。
また、同様の事が記述されているサイトも数サイトあります。

書面で解約手続き

ですが、これは事実とは異なります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約をしていて契約更新月になると、BBnaviと言う会員専用サイトの解約手続きの専用ページにて、画面右下に解約ボタンが表示されるようになります。
それをクリックする事で、解約手続きを行なう事が出来ます。

勿論、書面での解約手続きも受け付けてはいますが、アンケートに答えてからでないと書面がダウンロード出来ませんし、郵送代も掛かります。
ですから、Web上での解約手続きが基本となります。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

WiMAXサービスの通信環境に関する評判

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信は安定しない?

口コミサイトで見掛けたのですが、WiMAXサービスの通信が安定しないだとか、そもそも繋がらないと言う悪評があります。
WiMAXサービスは、基地局と電波のやり取りを行なう事で通信を行っています。
ですから、WiMAXの基地局がカバーしきれていないエリアによっては、繋がりにくい場所もあります。

3波キャリアアグリゲーション

ただ、WiMAXサービスの対応するエリアについては事前にサービスエリアマップで確認する事が出来ます。
それをきちんと確認さえしておけば、こう言ったミスは避ける事が出来ます。

また、ピンポイントエリア判定の結果が○だったのに、思ったほどの通信環境が得られなかったと言う方であれば、契約20日以内でのキャンセル保証制度があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+にしかないオリジナルの保証制度なのですが、こう言ったものを利用する事で、繋がらないと言うリスクは避ける事が出来ます。

通信速度が遅い?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信速度は?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信速度に関しては、速いと言う口コミと、遅いと言う口コミがあります。
これは、ギガ放題プランに申し込むかどうかによって変わって来ます。

WiMAXサービスの通信速度は?

ギガ放題プランに申し込まず、月間データの利用量による速度制限が適用されてしまった場合、月末までの通信速度は128Kbpsになります
この場合、この方からすればWiMAXサービスの通信速度は遅いと言う印象になるでしょう。

一方、ギガ放題プランに申し込んだ状態でハイスピードプラスエリアモードを使い過ぎなければ、速度制限が実施されても、通信速度は動画を観れるレベルが維持されます。
この場合、この方からすればWiMAXサービスの通信速度は速いと言う印象になります。

実際、私はギガ放題プランでWiMAXサービスの申し込みを行い、ほぼほぼハイスピードモードのみを使用しています。
ですから、速度制限が実施されても気付かないレベルです。

そんな私からすれば、WiMAXサービスは快適そのものです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の特徴として

GMOとくとくBB WiMAX 2+には悪評が集まりやすい?

他のプロバイダと比べ、GMOとくとくBB WiMAX 2+に対する口コミは悪評が多い印象があります。
その理由の1つとして、GMOとくとくBB WiMAX 2+が人気のプロバイダだからと言う点が挙げられます。
単純にユーザー数が多いので、その分、悪評も増える訳です。

クレームを入れる

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+は安さを前面に出して集客しているプロバイダなので、お得感志向の強いユーザーが集まりやすいと言う部分もあるでしょう。
お得感志向が強いユーザーは、クレーマーにもなりやすい面があります。

私が驚いた口コミサイトの書き込みの中に、GMOとくとくBB WiMAX 2+が解約手続きの際にSIMカードの返却をしなければならない点について批判を書き込んでいる物がありました。
BIGLOBE WiMAX 2+だったらSIMカードの返却の義務はなかったのに、SIMカードの返却義務があるのはGMOとくとくBB WiMAX 2+だけだと。

SIMカード

これは事実とは異なります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+だけに限らず、SIMカードはレンタル扱いになっています。
勿論、BIGLOBE WiMAX 2+で契約した場合でも、SIMカードは解約手続きの際に返却しなければなりません。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ほどお得感の大きなプロバイダはないのに、こう言った情報に惑わされて選択肢から除外するのは非常に勿体ないです。

デマに惑わされる

UQ WiMAXからGMOとくとくBB WiMAX 2+へと乗り換えた経験のある私からすれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+だからこれが悪い・・・などと言う事はありません。
基本的な部分は同じで、キャンペーン特典の内容に差がある位です。

ですから、キャンペーン内容がよりお得なGMOとくとくBB WiMAX 2+を選択するのが賢い選択方法だと言えます。
ぜひ、参考になさってみて下さい。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。