gmo wimax nifty wimax 比較

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXのキャンペーン内容を比較

読了までの目安時間:約 7分

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXのキャンペーン内容を比較

GMOとくとくBB WiMAX 2+@nifty WiMAXのキャンペーン内容を比較します。
どちらのキャンペーン内容がお得なのかご紹介しますので、参考になさって下さい。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAX、どちらが安い?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXの月額料金比較

まずは、GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXの月額料金を比較してみましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXの月額料金(通常プラン)
ご利用期間 GMOとくとくBB WiMAX 2+ @nifty WiMAX
端末お受取り月 0円
1~2ヵ月目 3,609円 250円
3ヵ月目~ 3,670円
GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXの月額料金(ギガ放題プラン)
ご利用期間 GMOとくとくBB WiMAX 2+ @nifty WiMAX
端末お受取り月 0円
1~2ヵ月目 3,609円 250円
3ヵ月目~ 4,263円 4,350円

最初の契約更新月が来るまで契約を続けた場合を想定すると、通常プランの場合は@nifty WiMAXの方が5,376円分安くWiMAXサービスを利用する事が出来ます。
一方、ギガ放題プランの場合は@nifty WiMAXの方が4,804円分安くWiMAXサービスを利用する事が出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ならポイントが貯まる

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行うと、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります
貯まったポイントは、1ptを1円としてBBウォレットにチャージする事が出来るようになります。

GMOポイントをBBウォレットにチャージ

BBウォレットにチャージしたポイントは、自動的に月額料金の支払い時に使用されます。
最初の契約更新月が来るまでに2,400pt貯める事が出来ますので、結果的に、2,400円分の割引きを受ける事が出来ます

この分を考慮した場合、通常プランの差額は2,976円ギガ放題プランの差額は2,404円になります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXのキャッシュバック比較

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXは、キャッシュバックキャンペーンも実施しています。
後からお金が戻って来ますから、結果的に安くWiMAXサービスを利用する事が出来ます

現金キャッシュバック

それぞれのキャッシュバックキャンペーンの内容は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+
WiMAX端末を受け取って1年後、24,000~33,000円の現金キャッシュバックが貰える。
@nifty WiMAX
WiMAX端末を受け取って9ヵ月後、20,000円の現金キャッシュバックが貰える。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額には幅がありますが、契約時に選択するWiMAX端末の機種やクレードルの有無によって変動します。
例えば、最新WiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を選択した場合、貰えるキャッシュバック額は29,000円になります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAX、お得なのは?

ご紹介したように、キャッシュバック額で言えばGMOとくとくBB WiMAX 2+の方が4,000~13,000円分高額になります。
ですので、月額料金の差額も踏まえた場合、以下の通りになります。

通常プラン
1,024~10,024円分GMOとくとくBB WiMAX 2+の方が安くWiMAXサービスを利用出来る。
ギガ放題プラン
1,596~10,596円分GMOとくとくBB WiMAX 2+の方が安くWiMAXサービスを利用出来る。

これだけお得感がありますので、少しでもWiMAXサービスを安くとお考えの方には、GMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧めです。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+と@nifty WiMAXの特徴

@nifty WiMAXの特徴

ご紹介したように、@nifty WiMAX 2+は安さではGMOとくとくBB WiMAX 2+に劣るものの、割と早い段階でキャッシュバックが貰えると言う点が魅力的ではあります。
ですから、キャッシュバックが貰えるまでに1年も待っていられないと言う方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではなくて@nifty WiMAX 2+を選択すると言うのも1つの選択肢として考える事は出来ます。

待ち長い

また、契約3ヵ月目までは@nifty基本料金である250円しか支払わなくて良いですから、最初の負担が少ないと言う点も@nifty WiMAX 2+の魅力と言えるでしょう。

↓@nifty WiMAXの申込先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+の特徴

GMOとくとくBB WiMAX 2+の魅力と言えば、WiMAX端末のクレードルセットが無料で貰えると言う点が挙げれます。
もしも、WiMAX端末のクレードルセットを通常価格で購入するとなると、22,750円も支払う必要があります。

最初にこれだけの金額が請求されるとなると、なかなかWiMAXサービスの導入は出来なくなります。
ですから、初期費用を減らす意味合いでも、非常にありがたいキャンペーン特典と言えます。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセット

ちなみに、@nifty WiMAXでも似たようなキャンペーン特典が付いて来ますが、WiMAX端末代が1円に割引きされるのみとなります。
クレードルは2,750円の別売り扱いになっていますから、そう言う点でもGMOとくとくBB WiMAX 2+の方がお得感があると言えます。

ですから、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいとお考えの方にはGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典をお勧めします。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。