gmo wimax auスマートバリューmine

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+でauスマートバリューmineを申し込む手順

読了までの目安時間:約 14分

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+でauスマートバリューmineを申し込む手順

WiMAXサービスの契約者は、auのサービスを格安で利用する事の出来るauスマートバリューmineと言うキャンペーン特典を利用する事が出来ます。
このauスマートバリューmineの特典が非常に魅力的です。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+でauスマートバリューmineを申し込む手順についてご紹介します。
また、auスマートバリューmineを利用するメリットについてもご紹介します。

auスマートバリューmineでauの月額料金を安く!

auスマートバリューmineを利用する全体的な流れ

auスマートバリューmineを利用する全体的な流れですが、以下の手続きを踏みます。

  1. auのサービスとGMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスに申し込む。
  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+からWiMAX端末が郵送されて来る。
  3. GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランをスマホ割プランに変更する。
  4. auにて、auスマートバリューmineの申し込み手続きを行なう。
  5. 割引きの適用開始。

auスマートバリューmineの利用には、GMOとくとくBB WiMAX 2+とauの両方での手続きが必要となります。
少し面倒に思われるかもしれませんが、手続き自体は難しいものではありません。

ポイントを抑えれば大丈夫

割引きは毎月適用となりますから、お得感は非常に大きなものとなります。
ですので、是非とも利用しましょう。

そもそも、auスマートバリューmineとは?

auスマートバリューmineはWiMAXサービスとauのサービスとのセット割引きキャンペーンです。
UQ WiMAXサービスを提供するUQコミュニケーションズは、KDDI系列の会社です。
ですから、auとのセット割引きとなるauスマートバリューmineと言うサービスを設定する事が出来る訳です。

対応しているWiMAXサービスのプロバイダで契約を行えば、auで契約中の料金プランに応じて、auの月額料金が割引きされます。

auスマートバリューmine

条件さえ合えば、月額料金が最大で934円も安くなります
ですから、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えます。

auスマートバリューmineに対応しているプロバイダは?

ご紹介しているauスマートバリューmineですが、対応していないWiMAXサービスもあります
ですので、その点は事前に確認しておく必要があります。

auスマートバリューmineに対応しているWiMAXサービスの中で、特にお勧めなのはGMOとくとくBB WiMAX 2+です。
なぜなら、GMOとくとくBB WiMAX 2+は業界最高額の現金キャッシュバックキャンペーンを行っているからです。

業界最高額の現金キャッシュバック

それに加えてauの月額料金が安くなりますので、金銭的お得感がかなり大きいプロバイダとなっています。

auスマートバリューmineの割引き額は?

それでは、気になるauスマートバリューmineの具体的な割引き額について確認してみましょう。
あなたがauで契約中の料金プランと照らし合わせてみて下さい。

スマートフォンの割引き額
割引き額 料金プラン
934円 データ定額5/8/10/13
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)
LTEフラット
LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)シンプル
743円 データ定額2/3
データ定額2(V)/3(V)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン(V)
LTEフラット cp(1GB)
500円 データ定額1
データ定額1(V)
4G LTEケータイの割引き額
割引き額 料金プラン
934円 データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
データ定額5/8/10/13
LTEフラット
743円 データ定額2(VK)/3(VK)
データ定額2/3
シニアプラン
3Gケータイの割引き額
割引き額 料金プラン
743円 カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)

ちなみに、auスマートバリューmineを利用する条件としては、auとWiMAXとで契約者が同一名義である必要があります。
また、WiMAXサービス1回線に対して、auで契約中の1回線のみが割引き対象となります。

WiMAX1回線に対してau1回線が割引き対象

そして、auひかりの契約者が利用出来るauスマートバリューとの併用は出来ません。

auスマートバリューmineのもう1つのメリットとは?

auスマートバリューmineに対応するスマホ割プラン

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、auスマートバリューmineに対応しているスマホ割プランを用意しています。
その料金プランとは、スマホ割(2年)/標準プランスマホ割(4年)プラン、もしくはスマホ割(2年)/ギガ放題プランです。

auスマートバリューmineの手続きを行なう

スマホ割(2年)/標準プランスマホ割(2年)/ギガ放題プランは2年間契約のスマホ割プランです。
一方、スマホ割(4年)プランは4年契約のスマホ割プランになります。

スマホ割プランの月額料金は?

2年契約があるのに、わざわざ縛り期間の長い4年契約を行なうメリットですが、月額料金が安いと言うメリットがあります。
そこで、スマホ割プランの月額料金を比較してみましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのスマホ割プランの月額料金
契約期間 スマホ割(2年)/標準プラン スマホ割(4年)プラン スマホ割(2年)/ギガ放題プラン
端末受取月 無料
1~2ヵ月 3,609円
3~24ヵ月 3,609円 3,609円 4,263円
25~48ヵ月
49ヵ月~ 4,195円

このように、スマホ割(4年)プランであれば安い月額料金でWiMAXサービスを利用する事が出来ます。
ただし、スマホ割(4年)プランは申し込んだ月の翌月を契約1ヵ月目としてカウントし直します
契約期間がリセットされますので、契約期間が大幅に延びてしまいます。

契約期間が長くなればなるほど、お使いのWiMAX端末は古くなってしまいます。
ですから、4年契約の利用を考えている方は、なるべく早めに申し込むのをお勧めします。

スマホ割(4年)プランに適用される速度制限は?

スマホ割(4年)プランで申し込むメリットですが、月額料金が安いと言うだけではありません。
実は、スマホ割(4年)プランに適用される速度制限は、ギガ放題プランと同等のものになります。

つまり、スマホ割(4年)プランに申込む事で、通常プランの月額料金でギガ放題プランを利用する事が出来るようになります。
通常プランとギガ放題プランの良いトコ取りが出来ますので、是非とも利用したい料金プランです。

スマホ割(4年)プランに適用される速度制限
速度制限 ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
月間のデータ利用量による速度制限 制限なし 制限あり
混雑回避のための速度制限 制限あり

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の詳細情報↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+でauスマートバリューmineを申し込む手順

auスマートバリューmineを利用する前段階

auスマートバリューmineを利用する為には、まず、WiMAXサービス側でスマホ割プランに申し込む必要があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でスマホ割プランへプラン変更を行なう方法ですが、GMOとくとくBB会員の専用サイトであるBB Naviにて手続きを行なう事が出来ます

では、具体的な手続き方法について説明します。

  1. GMOとくとくBBの会員専用サイトであるBB Naviにログインします。
  2. 現在ご利用中のサービスの中にあるWiMAX 2+のプラン変更手続きを選択し、任意のスマホ割に対応している料金プランを選択します。
  3. 同意事項のチェックを入れて、申し込みボタンを押します。

以上で、GMOとくとくBB WiMAX 2+で契約中の料金プランがスマホ割プランへと変更されます。
料金プランを変更後は、いつでもauスマートバリューmineの申し込みが出来る状態になります。

auで行なう手続きは?

続いて、au側で行なう手続き方法についてご紹介します。
こちらには2通りの方法があって、ご自身に合った方法を選ぶ事が出来ます。

  • auショップなどのau取扱店へ足を運び手続きを行なう。
  • KDDIお客さまセンターへと電話を掛けて手続きを行なう。

面倒な手続きに自信がないと言う方は、au取扱店へ足を運んで店員に全てやって貰いましょう。
一方、電話口で簡単に手続きを済ませたいと思っている方の場合は、KDDIお客さまセンターへと電話を掛けて手続きを行いましょう。

KDDIお客さまセンターへと電話を掛けて手続きを行なう方法

まずは、KDDIお客さまセンターへと電話を掛けて手続きを行なう方法についてご紹介します。

KDDIお客さまセンターへと電話を掛けて手続きを行なう際には、auに登録している4桁の暗証番号とWiMAX端末に挿し込んでいるSIMカードに登録されている電話番号が必要となります。
ですから、KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける際にも、WiMAX端末が手元にある状態で電話を掛けましょう。

SIMカード

SIMカードに登録されている電話番号については、WiMAX端末を操作する事で確認する事が可能です。
ここでは、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を例に解説したいと思います。

まず、WiMAX端末の画面を右方向へスワイプします。

画面を右方向へスワイプ

続いて、表示されるボタンの中の情報をタップします。

情報

更に続けて、端末情報をタップします。

WiMAXの端末情報を確認

すると、電話番号が画面内に表示されます。

電話番号

これを、auスマートバリューmineの手続きの際に伝えて下さい。

auに登録している4桁の暗証番号とWiMAX端末に挿し込んでいるSIMカードに登録されている電話番号の確認が終わったら、KDDIお客さまセンターへ電話掛けます。
KDDIお客さまセンターは年中無休で対応していますが、オペレーターの対応を希望する場合は、9時から20時の間に電話を掛けましょう。

オペレーターの電話対応

KDDIお客さまセンターの電話番号は077-7-111です。
また、auの携帯電話からであれば、157で繋がります。
ちなみに、どちらから電話を掛けても、フリーコールで対応して貰えます。

余談ですが、私が手続きを行った際には、auスマートバリューmineの「mine」の部分の読み方が分からず、どうやって店員に伝えるかドキドキしました。
「エーユースマートバリューマイン」と伝えれば伝わりますので、同じ事で悩んでいる方は参考になさって下さい。

auの携帯電話
157
一般電話
0077-7-111
受付時間
年中無休(※オペレーター対応は9時から20時まで)
通話料
無料
auショップなどのau取扱店へ足を運び手続きを行なう方法

もし、電話を掛けると言う方法がややこしく感じられる方の場合は、auショップなどのau取扱店にて、店員に手続きを行って貰うと言う方法もあります。
この場合もauで登録している4桁の暗証番号と、WiMAX端末に挿し込んでいるSIMカードに登録されている電話番号が必要となります。
それに加え、運転免許証などの本人確認書類も必要となります。

運転免許証

SIMカードの電話番号の確認に関しては、WiMAX端末を店員に渡せば良いです。
後は、店員が全て手続きを行ってくれます。

現在auユーザーではないと言う方は?

auスマートバリューmineは、auの月額料金が安くなるキャンペーン特典です。
ですから、auでスマートフォンや携帯電話を契約中の方しか利用する事は出来ません。

auのスマートフォンが対象auのスマートフォンが対象

では、他社のスマートフォンを利用している方には全く関係ないのかと言うと、そうではありません。
もし、後ほどauのサービスへと乗り換え手続き行った場合には、その瞬間からauスマートバリューmineの利用が出来るようになります。

そう、auスマートバリューmineの申し込み手続きはいつからでも出来るのです。
ですから、今auのユーザーではない方であっても、こう言うキャンペーン特典がいつでも利用出来ると言う事を知っておく事はメリットになります。

いつでもauスマートバリューmineの手続きは可能

また、家計全体の通信費の節約の為に、直ちにauに乗り換えてauスマートバリューmineを利用すると言うのも良いでしょう。
ぜひ、参考になさって下さい。

↓キャッシュバックキャンペーンの申込先↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

GMO WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。