ギガ放題 速度制限

なぜ、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがお勧めなの?

【悲報】まじか!?ギガ放題プランでも速度制限が適用される件

読了までの目安時間:約 10分

 

【悲報】まじか!?ギガ放題プランでも速度制限が適用される件

勘違いされやすい部分なのですが、WiMAXサービスのギガ放題プランに申し込んだからと言って、速度制限がない訳ではありません。
では、ギガ放題プランに申し込むメリットはあるのでしょうか?
詳しく解説します。

Flatツープラス ギガ放題プランとは?

Flatツープラス ギガ放題プランが登場した背景

Flatツープラス ギガ放題プランとは、契約3ヵ月目以降の月額料金が684円高額になる代わりに、速度制限の規制が緩くなる料金プランの事です。

ギガ放題プランでたっぷりインターネット

元々WiMAXサービスは速度制限がないと言う点を強みに集客をしていたのですが、WiMAX 2+と言う通信速度が速い通信回線へ帯域を明け渡す為に、どんどんWiMAXの規模が縮小されて行きました。
そして、2018年には全てWiMAX 2+へと移行が完了し、WiMAXは停波になると言われています。

WiMAX 2+が徐々に主流化する段階で、WiMAX 2+に対する速度制限の規制が厳しい点と、WiMAXに非対応のWiMAX端末が登場した事で、WiMAXサービスの速度制限に対する今後の動向に注目が集まりました。
そう言った需要の流れで、Flatツープラス ギガ放題プランが登場したのです。

月間のデータ利用量による速度制限

Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む事で月額料金が高額になるものの、速度制限の規制は割と緩くなりました

各料金プランごとの月間のデータ利用量による速度制限の規制具合
料金プラン ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Flatツープラスプラン 速度制限あり
Flatツープラス ギガ放題プラン 速度制限なし 速度制限あり

Flatツープラス ギガ放題プランに申し込む事で、ハイスピードモードを使用時は月間のデータ利用量による速度制限の規制が掛からなくなります。

ちなみに、月間のデータ利用量による速度制限とは、1ヵ月内の総通信量が7GBを超えると、月末まで適用されてしまう速度制限の事を指します。
通称7G制限とも呼ばれ、速度制限後は通信速度が128Kbpsに落ち込んでしまいます。

通信速度が128Kbpsに下がってしまうと、通常のホームページを表示するだけでもイライラするレベルの通信速度になってしまいます。

Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだとしても・・・

ただし、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んでいた場合であっても、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応したハイスピードプラスエリアモードには速度制限が掛かります。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードでの通信のし過ぎには気を付ける必要があります。

また、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限に掛かってしまった場合、ハイスピードモードにも速度制限が適用されてしまいます。
そうなると、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んでいたとしても、通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

速度制限にイライラ

ですから、Flatツープラス ギガ放題プランにも速度制限はあると言えます。
こうなってしまうと、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードに切り替えない限りは、WiMAXサービスの通信速度は128Kbpsになってしまいます。

ただ、逆に言うと、ハイスピードプラスエリアモードの総通信量を1ヵ月に7GB未満に抑えれば、通信速度が128Kbpsに制限されてしまうような事はありません。

↓WiMAXサービスの詳細情報↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

WiMAXサービスに適用されるもう1つの速度制限

混雑回避のための速度制限

WiMAXサービスに適用される速度制限は、月間のデータ利用量による速度制限だけではありません。
実は、混雑回避のための速度制限と呼ばれる速度制限も存在します。

大混雑

混雑回避のための速度制限とは、直近3日間の合計通信量が3GBを超えてしまうと、翌日の昼から24時間適用される速度制限の事を指します。
混雑回避のための速度制限の場合は契約している料金プランは関係なく、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの合計通信量でカウントされます。

各料金プランごとの混雑回避のための速度制限の規制具合
料金プラン ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
Flatツープラスプラン 速度制限あり
Flatツープラス ギガ放題プラン 速度制限あり

ちなみに、直近3日間の合計通信量についてですが、これは、3日間続けての合計通信量で計算をします。

直近3日間の合計通信量のイメージ
日数 4日目 5日目 6日目 7日目
1日目 3GBまで
2日目 3GBまで
3日目 3GBまで
4日目 3GBまで
5日目
6日目
混雑回避のための速度制限が適用された場合は?

前述した混雑回避のための速度制限がくせ者で、混雑回避のための速度制限が適用されて通信速度が128Kbpsに落とされる時期がありました。
条件が厳しくてすぐにWiMAXが使い物にならなくなり、ユーザーから猛反発が起きました。

当時はまだWiMAXサービスには速度制限がないだとか、WiMAXサービスなら使いたい放題だとかそう言う言い回しが乱用されていましたので、どこが使いたい放題なんだ?と言う印象を持たれてしまった訳です。
実際、PCユーザーであれば、3GBなんてあっと言う間に超えてしまいます。
ですから、混雑回避のための速度制限が適用されてしまうユーザーが非常に多く出てしまった訳です。

クレーム

ユーザーからの反発が強過ぎて、当時は、UQ WiMAXのサポートセンターへの電話が全然繋がらなかったです。
それ位、大勢の方がクレームの電話を入れた訳です。

その結果、混雑回避のための速度制限に対しては、速度制限の規制が緩和されました。
現在の混雑回避のための速度制限に対しては、UQコミュニケーションズの公式サイト上で以下のように記述されています。

従来の速度制限は、目安としてYouTube動画の標準画質が見られるレベルでしたが、より利便性の高い運用方法の準備が整うまでの間、それを上回る速度となります。

自分の実際の体感としては、1台のPCで高画質のライブ配信動画を視聴しつつ、もう1台のPCでYouTube動画を再生していても速度制限が気にならないレベルでWiMAXサービスを利用する事が出来ています。

WiMAXサービスに適用される速度制限と実用上は?

実際、Flatツープラス ギガ放題プランの速度制限は辛い?

説明が長くなりましたが、重要なのは実際にFlatツープラス ギガ放題プランを使用していてどうなのかと言う話でしょう。
そこで、私の現在の通信量を公開したいと思います。

現在の通信量は?

ちなみに、通信量の照会方法に関しては、以下をご参考になさって下さい。

私は当然ながらFlatツープラス ギガ放題プランでWiMAXサービスを申し込んでいますので、18日の段階で89.6GBも通信をしているものの、月間のデータ利用量による速度制限は適用されていません。
また、ハイスピードプラスエリアモードでの通信は一切行っていないと言う部分もポイントの1つです。

愛用しているWiMAX端末は、ハイスピードプラスエリアモードに対応しているのですが・・・。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)

そして、直近3日間の総通信量は17.57GBとなっていますので、当然ながら混雑回避のための速度制限が適用されています。
ですが、今日は朝と夜、GyaO!と言う動画配信サービスで各1時間のドラマを観ています。

つまりは、Flatツープラス ギガ放題プランで申し込んでさえいれば、実質、速度制限は気にならないレベルになります。
速度制限時であってもドラマが普通に観れる状態なのに、これでWiMAXサービスは速度制限が厳しいとは、とても言えません。

混雑回避のための速度制限の影響を感じる瞬間

私自身が今までWiMAXサービスを利用して来た経験上で混雑回避のため速度制限で影響を感じた瞬間は、以下の通りです。

  • 動画を3つ同時に再生した場合。
  • 動画を再生時、ソフトウェアのアップデートが被ってしまった場合。
  • 動画を再生時、アニメーションGIFが沢山埋め込まれているページを表示する場合。

例えば、1日中インターネット放送を点けっぱなしにしている環境下にある方は、上記条件と被ってしまうとその瞬間の映像はカクカクしてしまいます。
かく言う私も、1日中WiMAXを使用して、インターネット放送を点けっぱなしで視聴しています

私の経験上の混雑回避のため速度制限の影響は以上ですが、これが容認出来ると言う方はWiMAXサービスを利用すると良いです。
勿論、外に持ち出してインターネット放送を視聴すると言う用途にも対応しています。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申し込みはこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

タグ :

GMO WiMAX    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。